マングリ返しは、剣豪を破るための秘策として、書道家のパンモロが考案した技です。物干し竿を呼ばれる一般の家庭にある物と芸能人と同一の洗濯に使用するアイテムの先端に、鼬の毛皮から採取した筆をアタッチメントとして取り付け、カラメル色素に浸してから和紙に抱負を二文字で表現します。動画で放映されていましたが、今年は「果報」が選ばれ、幸福は寝ながら待った方が効率が良いというコメントが届きました。


ENTER
朝焼けと共に、山頂から太陽が昇り始め、まるで冠をしているように見えてしまうから不思議です。